海外旅行の手引き

2014 年 8 月 6 日 改訂

私なりの海外旅行手引きです.主に学会出席を想定しています.

飛行機

チケットの購入
海外旅行の計画は,飛行機のチケットを押さえるところから始めることになると思います.
 チケットの値段は,購入する前に航空会社のウェブサイトなどで調べて相場を把握しましょう.このときに日にちをずらすと,値段がどれぐらい変わるのかもチェックすると良いです.その後,旅行会社で値段を聞いて購入を検討すると良いです.ヨーロッパ内部やアメリカ内部などの旅行では,インターネットで購入した方がずっと安かったですが,安全と値段を考えると日本では旅行会社にお願いした方が良いように思えます.
 私の場合は 2 ヶ月前を目安にチケットを押さえますが,直前の方が値段が安いこともあるようです.いつ買ったら安いのか,未だにわからないですが,直前ほど値段が高くなる傾向にあると思います.
 チケットを押さえる段階で,Skymate などの会員番号を知らせてマイレージを貯めるようにしましょう.搭乗口などでもできます.帰ってきてからでもできますが,面倒です.マイレージはうまく使うと,ビジネスクラスにアップグレードできるなど,海外旅行の楽しみの一つになります.
 マイレージを使ってチケットをとる場合は,いつもより早めに予約した方が良いです.マイレージを使って予約できる便が限られていますし,座席数も少ないです.
 
Transit (乗り換え) する場合は,できれば 2 時間ぐらいの乗り換え時間を取っておきましょう.1 時間でも大丈夫だと思いますが,不安です.もっとも,旅行会社に頼む場合は旅行会社がうまく考えてくれますし,トラブルの場合にクレームを付けることもできます.

座席指定とチェックイン
国際線の座席指定はとても重要です.24 時間前 (それより前のこともあります) などからインターネットチェックインができるので,ここで是非,良い座席を確保しましょう.通路側,バルクヘッド (非常口横など,足下の広い席) が楽ですが,トイレの前は避けたいところです.空港に行ってから良い席が Open になることもよくあるので,空港で荷物を預けるときにもう一度確認してみても良いです.無料で良い座席にグレードアップできることもあります.
 有料でバルクヘッドが取れることもあります.だいたい 10,000 円前後です.ただ,以前と違って 2009 年ぐらいからヨーロッパ便は極端に空席が多い便も見られるようになりました.早朝発だと空いているのでしょうか? このあたりはよくわからないですが,前日座席を指定する際に,電話で指定して混雑状況を確認するのも手です.横に寝られるほど空いているのに,有料でバルクヘッドを取る必要はありません.
 事故の場合に危険かも知れませんが,できるだけ前の方が私は好きです.Transit (乗り換え) などがある場合は,前の座席の方が税関に早く行けます.税関で長蛇の列ができて,30 分以上の違いが出ることもあります.
 インターネットが使えると,海外でも楽に前日チェックインができます.飛行機の時間が急に変更になっていることもあるので,予定していた便の確認と座席指定もかねて,できるだけ前日にチェックインしておきましょう.

空港への移動

空港には飛行機が出る 2 時間前には着いておきましょう.それより早く行って,本やお土産など買い物をするぐらいの気持ちで良いです.飛行機の出発が 1 時間早くなっていたり,急に飛行機がキャンセルになっていたこともありました.何かのトラブルで,予定の飛行機を変更したり,航空会社がホテルを取ってくれるようなことがあります.このような場合,早く行動するほど有利です.
 空港までは,できれば列車が良いです.バスだと渋滞などに巻き込まれて しまうことがあります.値段によりますが,タクシーという手もあります.タクシーは値段交渉が面倒くさいので,ホテルのフロントなどで呼んでもらって,だいたいの相場も聞いておきましょう.

機内
機内への乗り込みは,急ぐ必要ありません.ここで急いでも,それほど良いことはないと思います.ただ,搭乗口には最低でも 15 分前には到着しておきましょう.
 飛行機は乾燥しているので喉が渇きます.500cc ぐらいのペットボトル入りの水を,飛行機に乗る直前に購入しておくと良いです.なくなったら飛行機内部で水を補給できます.1 リットルだと大きすぎて座席のポケットに入りません.エコノミークラス症候群対策にも,水をたくさん飲んだ方が良いです.ただ,荷物検査ではねられるので,搭乗口についてから購入した方が良いです.ちょっとしたお菓子があると,空腹時に心強いです.スリッパを手荷物に入れておくと,機内で使えます.

乗り換え
飛行機が遅れて乗り換えに間に合わないこともあります.このような場合は,焦らないですぐにカウンターに相談しましょう.だいたい無料で次の便をとることができます.
 Transit があると,荷物だけ届かないことがよくあります.手荷物だけでも仕事できるようにしておきましょう.飛行機に乗るのにラフすぎる服装も避けて,着替えが無くても仕事できるようにしておきましょう.


ホテル
  • 学会がすすめるホテルは,高級すぎる場合があります.場所と値段をインターネットで調べて自分で押さえた方が安いことも多いです.
  • 小さな学会が地方で開かれる場合,周りにホテルがなく,会場と同じホテルに泊まざる得ないこともあります.これの場合は,疲れたら部屋に戻って休憩できるなど,利点も多いです.
  • アメリカではチップが必要なことが多いです.ヨーロッパは特別な場合を除いていらないようです.
  • 繁華街などは,夜にぎやかになることがあります.私はできるだけ上の階を希望します.
  • 思い切ってユースホステルという手もあります.ホステルでも個室であれば,安いホテルと大差ないと思います.他の旅行者と情報交換できるなどの利点もあります.
  • 数日以上の滞在であれば,ウィークリーマンションの利用も検討しましょう.ホテルより安値でスペースも広く,キッチン付きなどの物件を見つけることができます.躊躇せず,まずメールで聞いてみることです.
  • ヨーロッパしかやったことがありませんが,ゆっくりした旅では現地でホテルを探すのも面白いです.レンタカーだとより楽しくホテルを探すことができます.郊外の方が安くて良い宿泊場所が見つかります.レストランやバーを楽しみたい場合は,駅前など繁華街が良いでしょう.Information で聞くと楽です.Information は 5 時ぐらいにしまるので気をつけましょう.

Party
  • 学会の farewell party などで,日本人は固まり過ぎか,と気になりますが,あまり気にしないで良いと思います.よく見てみると,西洋の人々も知っている人だけで集まっています.
  • 他の研究者が食事に誘ってくれることがあります.自分だけ異国人でも,出来るだけ参加した方が良いと思います.

レンタカー
  • 後進国はわからないですが,先進国ではレンタカーを借りた方が遥かに便利なことがあります.事故などを気をつけた方が良いですが,レンタカー屋で利用できる保険にすべて申し込むなどして思い切って車を借りると,行動範囲が広がることがあります.
  • 国際免許証の取得をお忘れなく.取得するのに 2 週間ぐらいかかった気がします.
  • 慣れない人は,ニューヨークやロンドンなど大都市では借りない方が良いです.運転が大変です.郊外では東京よりもはるかに運転が楽です.郊外まで列車で行って,そこからレンタカーを借りるのも良いアイデアです.
  • 月〜金曜日の 9:00〜18:00 以外は貸し出さない,というのが普通です.うまく計画をたてましょう.空港の営業所だとその範囲外のことが多いので,便利です.いずれにしても,出発前によく確認しておきましょう.
  • インターネットで予約も可能ですが,できれば一度ぐらい思い切って現地に電話して確認した方が良いです.
  • 日本と違って,予約しても現地で借りる車がなくなっていることも少なくありません.それだけ予約する人たちがいい加減で,業者が予約を信じられず,早く来た人に貸してしまうのでしょう.私は何度か痛い目にあっています.このため,レンタカーを借りる場合は,できるだけ早い時間にレンタカー屋に赴きましょう.
  • もちろん,思い立ったときに,予約なしでいきなり現地で借りる,ということもできます.これはもう,現地に車があるかどうかによります.
  • 返却は,ただ返すだけ,ほとんどチェックなし,ということが多いです.

持ち物
最低限必要なのものを選びました.
手荷物
デイパック ショルダーバックでもそうですが,人ごみなどでは前に抱えて盗難に注意しましょう.とくに地下鉄は注意してください.エスカレーターは半身になって乗って,後ろの人も見ておくと良いです.意外に,一人のときより誰かと一緒だと,注意が散漫になっていて狙われやすいです.
パスポート 命の次に大事と言われますが,ちょっと言い過ぎだと思います.命の方がずっと大事なので,危険をおかしてまで守り抜く必要はありません.紛失したら警察と大使館に行けば良いのです.コピーを持っていくと,海外でちょっと出歩きたいときに便利です.
ビザ 行く前にビザが必要かどうか,調べましょう.
航空券 格安の航空会社でなければ,購入履歴が残るので,なくしてしまってもまったく問題ありません.私も飛行機のゲートで再発行してもらったことがあります.
列車のチケット ヨーロッパの列車は,インターネットで予約することが可能です.国によってウェブサイトのできがずいぶん違います.周遊券など有効に利用すると良いです.周遊券と各チケットの予約を日本の旅行会社に頼んだことがあります.やや高値でしたが,周遊券の使い方など親切な解説付きでした.
ボールペン パスポート,航空券とともに,ポケットに入れて飛行機に乗り込みましょう.
旅行ガイド 初めての国にはやはり必要かと思います.準備段階から役に立ちます.
ホテル予約確認書と地図 ホテル予約確認書を一応プリントアウトして持ってゆきましょう.これとともに,最寄り駅からホテルまでの地図をプリントアウトしてゆきましょう.ホテルを探すときには,どうしても道行く人に地図を見せてホテルの場所を訪ねることになります.また,ホテルによっては周辺地図を配っていないこともあります.近くのレストランなどを聞くにも便利です.
クレジットカード 海外ではクレジットカードを使うときに,暗証番号が必要です.事前に調べていきましょう.店によっては,使えないこともありました.できれば,違う会社のカードを 2 枚待っていると確実です.国によってはクレジットカードで払うと後から一桁高い金額を要求されたり,違法に番号を使われてしまうことがあります.怪しい店では現金で対応した方が良いです.
現地の通貨

私はできるだけ成田で交換してしまいます.海外では,クレジットカードからキャッシングが良いみたいです.この場合,街角にある ATM は使わない方が良いです.犯罪に使われることがあります.銀行や空港の ATM を使いましょう.TC は面倒なので,私は使わないです.

保険 クレジットカードにも保険がついていると思います.私の場合は,列車などの切符をクレジットカードで購入すれば,その旅行に保険が適用される,と言われました.クレジットカード会社に確認してください.登山などをする場合は,日本で掛け捨ての保険に加入しましょう.
国際免許証 レンタカーを使う場合は必要です.
ラップトップ 学会発表だけでなく,ホテルの予約など,やはり自分専用の PC があると便利です.日本は Wifi が遅れていますが,海外ではいろいろなところで無料でインターネットができます.
コネクタ ラップトップとプロジェクタをつなぐコネクタです.出発前に確認しておきましょう.
スライド パワーポイントで作る方が多いと思います.発表の段階になって,思いがけず自分の PC がつながらないことがあるので,PDF 版を作っておいて,両者をメモリースティックなどにも保存しておきましょう.
メモリースティック  
頭痛薬,正露丸,酔い止め,ムヒなど.西洋の風邪薬はとても強力です.注意が必要ですが,即効性があるので私は好きです.液体のがおすすめです.現地の病気には現地の薬が効くのかも知れません.
名刺  
海外用の電気プラグ 海外ではコンセントを差し込む穴が国によって異なります.インターネットなどで確認して,プラグを購入しておきましょう.2 個あれば便利です.電圧も違うのですが,ラップトップと海外旅行用ひげ剃りは,プラグさえあればどの国でも問題ないと思います.特別何か電気製品を使わない限り,変圧器を持っていく必要はないと思います.とても重いし高価です.私も持っていますが,炊飯器以外で使ったことはありません.
コーナータップ 複数の電気器具に電源を供給するための電気器具.テーブルタップのコードがなくその場で複数に分岐するもの.ホテルなどではコンセントが一つしかない場合が多いです.これは日本用の電気プラグ (穴の形状) で良いでしょう.
携帯電話 国によっては重宝するようです.日本の携帯電話は海外のものと違って,使える国が限られています.利用範囲と海外での利用方法を確認しておきましょう.ただ,私の場合は意外に使わないです.利用すると値段が高いので,他の人からの連絡用には便利かと思います.電圧の違いなどがあるので,充電はラップトップ経由が良いでしょう.
腕時計 アラーム付きが良いです.
マスク 飛行機内部は乾燥しています.マスクして寝ると楽です.
耳栓 飛行機などで便利です.
ハンドクリームなど 大陸は思いのほか乾燥していることが多いです.
ジャケット 高級な店などフォーマルな場所では,ラフな服装をすると東洋人の方が西洋人より目立ってしまいます.先進国では日本にいるときよりも服装に気をつけた方が良いです.
革靴 あればやはり良いです.黒っぽいスニーカーで代用もできます.
折り畳み傘  
歯ブラシセット  
小物入れ 危険な場所では,貴重品を入れて下着の中にしまうと良いです.
ワイヤー付き鍵 夜行列車などに乗った場合,荷物をくくりつけておくのに使います.
眼鏡  
眼鏡ケース  
コンタクトレンズ  
スプーン スーパーで現地のものを買って食事する場合に,重宝します.
爪切り,耳かき 日本製が最高です.
ビニール袋 何かと便利です.ぜひ持ってゆきましょう.
ポケットティッシュ  
封筒 日本円を一時的に入れておきます.成田であれば,両替でもらえます.
スリッパ ホテルの床は汚いです.スリッパがあるととても便利です.
   
スーツケース
スーツケース 小型のものだと,機内に持ち込むことができます.
ひげ剃り  
ゴアテックスなどの上着 雨対策にも最適です.ラフな格好が良いときは,これで事足ります.畳むと,とても小さくなります.
小さいバッグ トートバックなど小さくなるバッグがあると,何かと便利です.
シャツ  
靴下  
下着  
長袖の下着 最近は保温効果の高いものがあります.寝巻きにもなるので,一つあると心強いです.
ジャージなど ホテルでくつろげる服装も必要です.
セーター 一つあれば心強いです.
小さいタオル 念のため.
シャンプーとリンス 携帯用の小さいもの.
洗剤 長い旅行になると,ホテルの洗面所などで洗濯できて便利です.
洗濯物を干す紐  
ジョギングシューズなど 海外旅行では歩くことが多いです.履き慣れた靴で行きましょう.
日焼け止め  
   
その他  
ポスター 筒に入れて持ち運ぶことが多いと思います.私はバックアップ用として,ミスプリントもたたんで手荷物に入れておきます.

その他

Information
欧米では駅に information があって,これらは日本より充実していて通常親切です.街に着いたらまず立ち寄って,地下鉄等の路線図付き地図をもらいましょう.ホテルのフロントでもらえることもあります.有料ということもたまにあるので,この場合は他もあたってみましょう.

カウンターでのやり取り
空港で急にチケットを変更したり,駅の窓口でチケットを予約するときなど,重要な用件 (出発の時間と目的地など) は,紙に書いて確認しましょう.日本の窓口でも,思わぬトラブルが生じた経験があると思います.

荷物
長旅でも,なるべく少ない方がスマートです.手荷物として機内に持ち込むかスーツケースにいれて預けるのか,空港に着く前に完全に分けておきましょう.スーツケースを預ける場合,鍵はかけない方が良いと思います.私は経験がありませんが,抜き打ち調査がある場合に,鍵をしていると壊してチェックされるそうです.

格安航空券
最近,日本でも格安航空券が出始めました.私はヨーロッパでしか経験がありませんが,多少高いぐらいなら,大手の航空会社を選びたいです.空港に行ったら,予定していた格安便が急遽キャンセルになっていたことがありました.また,機内に持ち込める荷物も限られており,この場合,スーツケースを預けた後に荷物チェックで急に持ち込めないと言われます.荷物をスーツケースに移すために,あわててカウンターまで戻らなければなりません.カウンターでスーツケースを返してくれれば良いですが,そうでない場合はとても困ります.また,うまくやれば良いかも知れませんが,座席は早い者勝ちだと思います.このような早い者勝ちの世界に,日本人はあまり向いていないと思います.

インターネット
日本のインターネット事情は,他の先進国より遅れています.先進国では Wifi が部屋で使えることが多いです.少なくともロビー付近で使えると思います.部屋に備え付けの PC がある国も出てきました.

Facebook
ちょっとした知り合いになりたいとき,Facebook は便利です.海外では日本よりずっと普及しています.

タクシー
私はできるだけ使わないです.タクシーで通常より高い値段を言われ,不快な思いをすることが多いからです.どうしても乗る必要がある場合は,駅の Information などであらかじめ値段を聞いておいて,出発前に運転手に値段を確認した方が良いです.

バスとトラム
バスやトラムは,日本から調べるのは困難です.現地に着いたら information かホテルのロビーで,路線や乗り方などを聞きましょう.

メール

念のため,自分の使っている Webmail が違う PC からあけられるか確認しておきましょう.

電話
ラップトップがあれば,スカイプから日本に電話できます.ホテルのサービスや携帯電話などを使うよりも,ずっと安い値段ですみます.

店の休業
大きな観光地以外は,欧米 (とくにヨーロッパ) では現地のレストランやスーパーも週末は休業しています.大手のファミレスなら開いていますが,気の利いた店はやっていないことが多いです.旅行の計画をたてるときには,土日をどこに持ってくるのか注意しておきましょう.また,平日でも昼ご飯をレストランで取りたい場合は,12 時から 14 時ぐらいの間にすませておきましょう.14 時を過ぎると,ほとんどの店がキッチンを閉じて昼ご飯を出さなくなります.

レストラン
ホテルのカウンタでおすすめを聞きましょう.レストランに限らず,多くのことは,現地の人の意見に従った方が良いです.

トイレ
日本ほど公共のトイレが充実した国はありません.ヨーロッパでは,駅のトイレは有料なことが多いです.小銭がなければ,トイレ係の人に両替をお願いしましょう.また,紙がないことも多いので,ポケットティッシュなどを準備しておきましょう.どの国でも,マクドナルドは強い見方です.イギリスであれば,パブもおおらかにトイレの使用だけでも認めてくれるでしょう.そういう意味でもイギリスのパブは良い文化です.その他は,高級なホテル,デパートなどで入ることができます.あきらめてカフェでコーヒーを飲んでトイレに行くのもありです.


リンク

ホテル
Booking.com
私はほとんどこちらでホテルを予約します.

Hotels.com
Booking.com にないホテルが出ることがあります.

Trip advisor


航空券
skyscanner
飛行機の値段を調べるのに便利です.

SeatExpert
座席の予約をするときに,どの座席が有利か判断することができます.

海外でのチケット予約
会社によって得意分野があるようです.アメリカを旅行するならこちら,ヨーロッパを旅行するならこちら,の会社を海外に住んでいるとき使っていました.発券もインターネット上なので,日本から予約することもあります.ただ,出発地と最終的な到着地が日本であれば,日本の旅行会社にまとめて取ってもらった方が総合的に考えると得かも知れません.


レンタカー
トレベルジグソー
現地のレンタカー会社と仲介をしてくれる業者のようです.現地で最も安い会社を探して,連絡してきてくれるそうです.このためタイムラグがあるみたいです.


その他
裏技
いくつかは参考になります.